特別養護老人ホーム特養・介護老人福祉施設)
~寝たきり状態など、介護を必要とする重度の要介護者が、少ない費用負担で長期入所できる施設です~






特別養護老人ホーム メリット・デメリット

特別養護老人ホーム(別称:介護老人福祉施設)は、社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設です。
ご入居の対象になる方は、65歳以上で要介護1~5の認定を受け、常に介護が必要な状態で自宅での介護が困難な方や寝たきりや認知症など比較的重度の方、緊急性の高い方の入居が優先となります。
そのため、入居待ちの方が非常に多い状態です。
公的な施設のため低料金で利用できますが、個室ではなく相部屋になることが多いです。
メリット デメリット
 ・長期入所が可能
 ・レクリエーションが充実している
 ・利用料が安い
 ・入居一時金が必要ない
 ・医学管理下のケアは限定的
 ・多床室が多い
 ・回復期リハビリテーションは少ない
 ・入居難易度が高い





特別養護老人ホームの概要

運営主体   社会福祉法人
目  的   介護をするための施設
入居対象   65歳以上の要介護の方
空室状況   入居までに数ヶ月かかる場合もある
費用の目安   月額、約5~15万円
建物・居室   築年数が長いホームが多く、相部屋が多い
医療ケア   医療サービスは限定されている場合がある





特別養護老人ホームへの入所基準

特別養護老人ホームの入所対象者は、原則、要介護度1以上の65歳以上の高齢者という基本条件のほか、「長期入院を必要としない」「伝染病などの疾患がない」など、地域や施設によって様々で、詳細は施設に問合せる必要があります。
ただし、60~65歳でも、「初期痴呆状態にある」「配偶者が入所する」などの場合には認められます。

年齢 介護レベル 認知症 共同生活 収入・資産
65歳以上 要介護1~5 対応 かなり必要 少ないと優先





特別養護老人ホームの費用

利用料金のほぼすべてに介護保険が適応されます。
利用する居室タイプによって料金が変わり、家賃の他に食費と介護保険1割負担額が必要となります。
レクリエーションやおむつなどの、日常的な消耗品、医薬品なども必要で、これらには介護保険が適用外となります。所得などに応じてい居住費・食費が減額される場合もあり確認が必要となります。






エレガローザ いちのみや サービス利用料金(1日あたり)

介護保険負担割合証の利用者負担の割合が1割の方。
下記料金表によって、ご入居者の要介護度に応じたサービス利用料金から介護保険給付費額を除いた金額(自己負担額)と食費及び、居住費、その他加算に係る標準自己負担額の合計金額をお支払いいただくようになります。
サービス利用料金は、ご入居者の要介護度・介護負担限度額認定段階に応じて異なります。
詳しい内容は施設までお問合せ下さい。

要介護 1
要介護 2 要介護 3 要介護 4 要介護 5
 1.サービス利用料金 6,250円 6,910円 7,620円 8,280円 8,940円
 2.看護体制加算Ⅰ 120円 120円 120円 120円 120円
 3.栄養マネジメント加算 140円 140円 140円 140円 140円
 4.ビス利用み係る自己負担額
  (1+2+3の1割負担額)
651円 717円 788円 854円 920円
 5.食費(第1~4段階) 300円~1,500円
 6.居住費(第1~4段階) 820円~2,400円
 7.自己負担額合計(4+5+6)
  (第1~4段階)
 1,771円~
4,551円
1,837円~
4,617円
1,908円~
4,688円
1,974円~
4,754円
2,040円~
4,820円


※看護体制加算1・・・常勤の看護師を1名以上配置している場合

※栄養マネジメント加算・・・管理栄養士を配置し、栄養ケア計画を作成し実施及び評価を行った場合

※第1段階・・・市町村民税世帯非課税の老齢福祉年金受給者・生活保護受給者
 第2段階・・・市町村民税世帯非課税であって所得金額と公的年金収入額が年額で合計80万円以下の方
 第3段階・・・市町村民税世帯非課税であって所得金額と公的年金収入額が年額で
        合計80万円~266万円の方
 第4段階・・・上記段階以外の方
 ・上記第1~4段階は、介護負担限度額認定を申請し認定が下りた方が対象になります。
  詳しくは施設へお問合せ下さい。
 ・上記表は、1割負担の場合です。2割負担の場合は、施設へお問合せ下さい。

※いちのみやの場合はユニット型個室タイプです。


社会福祉法人 恵友会